マカフリ

2021.02.07

過去作リメイクしました。ほんの少しだけ喋る量が増えていますけれども大して変わりません。なぜこれをリメイクしたのかというとテキスト量が少なくて楽チンだと思ったからです(実際そうでしたので自分の天才加減を褒めちぎった次第です)(うそです)。ところで使用ツールの仕様が少し変わりましてWin向けのファイル出力ができなくなりました。今後サイトで公開するものに関してはブラウザ向けとMac向けだけ……と思ったのですがここのゲームをやるMacユーザーがどれほどいるのかわからないしまあブラウザ向けだけでもいっか! といった気持ちでいます。

2020.4.20

ゲームいっこ公開しました。制作ツールをアップデートしたところどうもWin向けの出力がうまくいかず、Mac向けもやたらと容量がでかいのが気になってしまいとりあえずブラウザ版のみ公開しました。データ不備なのかもしれないんですけどなんかもう何も考えたくないから DL版は出ないんじゃないでしょうか。気が向いたら旧バージョンで出すかもしれませんけど今日はその時ではないです。

2020.3.22

思いついたネタをメモっといたりすることはあれど、形にするときではない感じなのでいまは特に何もしていないです。時は今って思ったら形になります。雨が下しる五月かもしれないしそうでないかもしれない。最近は暖かい日も増えてきたのでお散歩がはかどっています。あと返信不要とのことなのであんまり長く書きませんがご感想に気づきましたありがとうございます。初めてあんまり時間をおかずに気づきました(年単位で気づかなかったやつが複数ある)。人間の価値観は日々アップデートされるものですから、今の私からすればあまり適切でない表現だなと感じる部分もちょいちょいあるんですけど、公開中の作品はみんな気に入ってます。書き上げて公開までしたら気に入ってるに決まってるんですね。気に入らなかったらお蔵入りするだけです。でも非常に残念なことに技術的な問題でお蔵入りにせざるを得なかったお気に入りのシナリオが一個だけあるんです。年単位でサイトを放置したりしなければ今頃は技術が身についていたかもしれない。でもそうはならなかったんだ。

2019.11.17

あたらしいゲームを公開しました。前作と比較してゲーム性は無になりましたが、地の文というか主人公のモノローグを排除したためサイトの方針的にはこちらのほうが大正解だと思います。圧倒的成長!圧倒的成長!
なお、これは唐突ないいひとアピールなんですけれども、題材が題材なため背景画像を実在する場所の画像にするのがどうしても抵抗があり、かといって地の文がないため情景描写にも限界があったため、背景をなんとなくかきました。どうせ巨大な立ち絵がすべてを覆い隠してくれるしまあいいよね。細かいことは気にしない。大人の女は振り返らない(偏見)。

2019.6.19

サイトの方針的にどうなのかなって思ったので黄泉路行は非公開にしました。実のところこれは元々男女主人公かつパートナーを男女各2人ずつのなかから1人選び、基本一本道だけどパートナーと主人公の関係は選んだ主人公の性別によって異なる(女主人公なら恋人で男主人公なら親友/女主人公なら母親で男主人公なら妻/女主人公なら娘で男主人公なら妹/女主人公なら飼い犬で男主人公なら息子)という感じを考えていました。戦闘描写ができないという理由でRPGを選んだのですが、RPGのさまざまな数値設定をどうすればいいかわからないし、もっと困ったのがダンジョン部分です。まあ人には向き不向きがあるよね。

2019.6.4

サイトを放置しておおよそ3年が過ぎました。その間ソシャゲに課金したり転職したりなどのことが色々とありましたけれど、最近は比較的規則正しく生活ができているためにゲームを作る余裕などもでき、まあ作ったわけです。